フロハンでのんびり食事

2003年から早稲田にあるFrom Hand to Mouth (フロム・ハンド・トゥ・マウス)、省略してフロハンでは、学生たち・先生方・常連さんらがのんびりと食事を楽しんでいます。私も、昔早稲田に住んでいた時によく通っていました。

オーナ兼シェフ今泉さんは、15年間もフロハンを経営しています。お姉さんと二人で始めたこの店は、「大事な友達をもてなす」というコンセプトからスタートして、赤ちゃんでも食べれる優しい味のご飯を提供しています。自分で食べるものを自分で作る、添加物を使わないアプローチ。

続きを読む

携帯電話に中毒していませんか?

この間、私の母が新しい携帯電話を買いたいと言いました。使っている携帯は、もう8年以上のもので、電話とSメールしかできないタイプ。

「スマホを手に入れたら、中毒になるけど、いい?」と私が母に聞いてみました。

「中毒?どういうこと?」とあまり私の言葉に信じていないような母が答えました。

続きを読む

うまい食堂

読者の皆様、外食の反対は何と言いますか?家でご飯を食べるとか、家庭料理や内食とか?笑、Mr. Nakayoshiと私にこの質問をしたら、うまい食堂でご飯を食べることだ!という答えが戻って来ます。

うまい食堂っていったい何ですかね?

続きを読む

2018年6月の生活リポート

暑い日々が続く中、生活リポートがいよいよ六回目になりました!今回も、何卒よろしくお願い致します。

6月は、日本を離れた月でした。二週間以上いわゆる国に帰り、親と一緒に過ごしました。大人であるにもかかわらず、実家に帰ると、なんだか子供の気分。ポーランドは、結構涼しかったです。いっぱい寝て、母の料理を食べ、時間があっという間にたちました。有名な山地にも出かけし、ハイキングもしました。普段親から遠くに住んでいるので、重い気分のまま東京に戻っり、暑さに負けたところ、6月が終わりました。

続きを読む

「私にとっての東京」

今回は、始めてのゲストポスト。その作者は、Rさんで、五年近く東京で住んでいた友達です。5月に東京を離れた時に、いわゆる国に帰る時に、「思いでにもなるので、東京の暮らしについて文章を書いてくれないかしら?」と彼女にお願いしました。原稿を書いてくれたので、さっそく皆さんにご紹介させていただきます。

Rさんは、中華系東南アジアのアラサの女性です。仕事のために来日して、私と同じ業界で働いています。仕事上のイベントで始めて出会って、数年をかけて友達になりました。友達になったのも、東京のおかげだと言えるのでしょう。

以下は、ゲストポスト。

続きを読む