映画の舞台か

単身赴任を始めて一ヶ月ちょっとたちました。長いようで短いようで、まだまだです。仕事の都合で次いつ会えるのかわからないままでお互いに世界の遠い片隅に住んでいます。間に13時間の時差があってまるで夜が昼を追いかけている様子。

アメリカは、二人で旅行したことがあります。しかしいわゆる普通の生活は二人でしたことがないです。Mr. Nakayoshiが私が今住んでいる街も訪ねたことさえないです。その関係で、日本とアメリカは二つの別な映画か舞台のようで、東京で演技していた私が今違うアメリカという映画に出ていると感じています。

続きを読む

座りながらする仕事の危機

私は仕事のことをあまりこのブログで書きたくないです。しかし、のんびり生活をテーマにしている以上、書かざるを得ないのかもしれません。一日の半分以上は、仕事に取られています。その仕事は、楽しくてもつまらなくてもチャレンジがあっても、その多くはパソコンに向けて座っている状態で過ごしています。

そして数年そういう座っている生活を続けてしまったら様々な副作用が出てきます。皆さんも同じ問題を抱えているので、一応纏めてみました。座っている仕事の危機。

続きを読む

2018年8月の生活リポート

東京を離れてアメリカに引っ越した月・8月。アメリカでは、外の温度は東京とほとんど変わりなく暑くて蒸し暑いです。しかし部屋の中の温度は、はるかに涼しいです。節電が知らない国だからでしょう。いよいよ8月の生活リポートへようこそ!

仕事に追われていると毎日が早くたってしまいます。飛行機に乗る日にち、引越しの日にち、最初の数日間はなかなか落ち着かなかったのですが、やっと決まったルーチンが出来ました。それがいいことでしょう。8月は送別会と歓迎会の季節でもあって、一人の時間も大事だなと思いました。そして友達に恵まれているのかなとも、とてもありがたく感じました。 続きを読む

ものを動かす人生(2)

ご無沙汰しております。

先々週からは、アメリカにいます。数年前までは住んでいた場所です。その関係で私の荷物(服、本、メモ、家具など)が友達の家に預かってもらいました。友達の家が広くて屋根裏部屋があって、友達が優しくて、全部の荷物をおいていいとのことでした。

荷物は、そんなに多くなくても小さいトラックいっぱいあります。机やベッドなど、一応生活が出来るものがそろっています。それらのものたちに3年ぶりに出会った私。

続きを読む

新しい季節の始まり

東京では、暑い毎日が続きますので、題名の新しい季節とは?どういうものでしょうか。

このブログの作者であるMs. Nakayoshiが仕事のために10ヶ月間アメリカに行くことになりました。簡単にいいますと、アメリカの季節が始まるとのことです。天気は東京とそれほど変わらない場所に住みますが、田舎になります。皆さんが思うような「ニューヨークのアメリカ」ではなく、田舎の町のアメリカです。

続きを読む

2018年7月の生活リポート

暑い日々が続きすぎます。7月の生活リポートへようこそ!冷房をかける中、安らぎに取り掛かっているというより、ただただこの暑さに負けないのが背いっぱいです。

6月は、日本を離れたせいで、7月に戻ったら、暑さは二倍ぐらい暑く感じてしまいました。涼しいところから飛んでくると、その差が大きいでしょう。慣れるまで二週間もかかりました。やはり自分の体はそれなりのペースがあって、それを尊敬をし大事すべきだと思いました。7月に何をやったかという、特定なことを示すのが難しいのですが、取りあえずこの暑いサウナの中で、忙しくしてしまいました。就職活動といいますか、何といいますか。 続きを読む

フロハンでのんびり食事

2003年から早稲田にあるFrom Hand to Mouth (フロム・ハンド・トゥ・マウス)、省略してフロハンでは、学生たち・先生方・常連さんらがのんびりと食事を楽しんでいます。私も、昔早稲田に住んでいた時によく通っていました。

オーナ兼シェフ今泉さんは、15年間もフロハンを経営しています。お姉さんと二人で始めたこの店は、「大事な友達をもてなす」というコンセプトからスタートして、赤ちゃんでも食べれる優しい味のご飯を提供しています。自分で食べるものを自分で作る、添加物を使わないアプローチ。

続きを読む

携帯電話に中毒していませんか?

この間、私の母が新しい携帯電話を買いたいと言いました。使っている携帯は、もう8年以上のもので、電話とSメールしかできないタイプ。

「スマホを手に入れたら、中毒になるけど、いい?」と私が母に聞いてみました。

「中毒?どういうこと?」とあまり私の言葉に信じていないような母が答えました。

続きを読む

うまい食堂

読者の皆様、外食の反対は何と言いますか?家でご飯を食べるとか、家庭料理や内食とか?笑、Mr. Nakayoshiと私にこの質問をしたら、うまい食堂でご飯を食べることだ!という答えが戻って来ます。

うまい食堂っていったい何ですかね?

続きを読む

2018年6月の生活リポート

暑い日々が続く中、生活リポートがいよいよ六回目になりました!今回も、何卒よろしくお願い致します。

6月は、日本を離れた月でした。二週間以上いわゆる国に帰り、親と一緒に過ごしました。大人であるにもかかわらず、実家に帰ると、なんだか子供の気分。ポーランドは、結構涼しかったです。いっぱい寝て、母の料理を食べ、時間があっという間にたちました。有名な山地にも出かけし、ハイキングもしました。普段親から遠くに住んでいるので、重い気分のまま東京に戻っり、暑さに負けたところ、6月が終わりました。

続きを読む

「私にとっての東京」

今回は、始めてのゲストポスト。その作者は、Rさんで、五年近く東京で住んでいた友達です。5月に東京を離れた時に、いわゆる国に帰る時に、「思いでにもなるので、東京の暮らしについて文章を書いてくれないかしら?」と彼女にお願いしました。原稿を書いてくれたので、さっそく皆さんにご紹介させていただきます。

Rさんは、中華系東南アジアのアラサの女性です。仕事のために来日して、私と同じ業界で働いています。仕事上のイベントで始めて出会って、数年をかけて友達になりました。友達になったのも、東京のおかげだと言えるのでしょう。

以下は、ゲストポスト。

続きを読む

プレゼント論

最近は、プレゼントについて色々と考えるようになりました。プレゼントをあげるのは、楽しいでしょう。あげる機会もさまざまで、プレゼントのカテゴリの多く存在します。旅行関係のお土産、お誕生日プレゼント、バレンタインのチョコなど。

プレゼントについて書きたいことが多くあります。ここで取りあえずプレゼントの特徴を一つ描写させていただきます。そして、お話は、二つあります。

続きを読む

森美術館のビデオアート

六本木にある森美術館は、有名な場所でしょう。ここでその美術館内のそれほど知られていないかもしれないMAM Screenという空間を紹介させていただきたいです。

森美術館での展覧会は、巨大なもので、毎回違うテーマをアプローチしていきますが、それと同時に関係のないビデオ作品を展示されているスペースも設置されています。今回は、もう8回目で、ニューヨークに住んでいる近藤聡乃のビデオ作品3点とスライドショーとして展示されている漫画の作品を見ることが出来ます。

続きを読む

喧嘩を防ぐコツ一つ

喧嘩を防ぐことについてポストを書こうとして、Mr. Nakayoshiにその話をしたら「喧嘩、防げません」と言われました。確かにそうです。この間、結婚歴60年の夫婦に幸せの工夫を教えてくださいと聞いた時に、まさかぷち喧嘩の最中でありました。

その関係で、あらためて言っておきます。喧嘩はまったく抹殺できる生き物ではありません。余裕がない時や疲れた時、体が痛い、お腹がすいた時など、喧嘩しやすくなります。そういう時に、さらにご注意くださいませ。

続きを読む

アートギャラリーへの入り方

コンテンポラリーアートのギャラリーってちょっと入りにくいのではないでしょうか?壁が真っ白で自分とのよく関係がわからないものがその白い壁に掛かったり床においてあったりします。観客が少ないですが、必ず誰かニコニコしているスタッフの方がいます。話はあまりして来ない場合が多いですが、自分もよく何を話せばよいのかわかりません。

たまによくそういうギャラリーに通う人もいます。友達か知り合い。通みたいな顔をして一生懸命その壁に掛かっているもの床においてあるものを見つめています。ペンキか何か変わった匂いがする空間の中で。そういう人にくっ付かなくても、入れるはずです。(くっ付いていてもぜんぜん大丈夫!)

続きを読む

2018年5月の生活リポート

今年からは、新しいチャレンジをしています。自分の安らぎ度をアップするために、様々な活動に取り込んで、それらをここで紹介して行きます。五回目になりましたが、何卒よろしくお願い致します!笑

5月は、海が見える月でした。また、出張に出かける月でもありました。東京を三回も離れました。その一つ、バカンスのためでした。大きな仕事を終わらせてからは、四日間ぐらい海に行こうという感じで、海辺の街に住んでいる友達の家を訪ね、大変お世話になりました。海にあこがれているMs. Nakayoshiの安らぎ度は、海に近づくとアップします。

続きを読む

新宿御苑でのんびりタイム

200円の入園料さえ払えるのならば、誰でも包んで吸い込まれてしまう公園。東京都でのお住まいの方、観光客、さまざまな言語が出来る人たち、車椅子やベビーカーに乗っているお客さん、ヨーガのグループ、一人で読書を目指している人、家族やカップルたち。朝9時から皆さんが並んで、散歩、観光、運動、それぞれの目的でゲートを通して入ろうとしています。

新宿御苑がとても広くて、何回入っても飽きない公園です。季節の移ることに伴って、さまざまな顔を見せてくれます。心が疲れた時、ちょっと緑に囲まれたい時、外のお天気を楽しめたい時に、私が遊びに行く場所です。そして、入るたびに新しい発見があり、まだ見ていなかった建物や花など、座り心地のよいベンチにも出会えます。

続きを読む