猿島への旅・デート記

9月の終わりになりつつあります。今月を振り返ってみるととても長く感じる月です。その始まりには、9月1日に訪ねた猿島があります。家から横須賀までは、1時間半ぐらいかかって、そこから船に乗りました。

Mr. Nakayoshiがこの猿島のことを前に訪ねたことがあって、「一緒に行って見よう」と提案してくれました。私は、あまり何もその島のことを知らずに「じゃ、行こう」と頷きました。バカンス的な気分で日常から逃げようとした小さい試みでした。

続きを読む

Her Own Way展を見て

涼しいこの頃に、いかがお過ごしでしょうか?夏に比べて家を出やすくなりましたので、美術館にでも行ってみませんか?昔は「美術の秋」という言葉もあったぐらいに、秋に展覧会が盛んに主催されています。その中では、東京都写真美術館での「しなやかな闘い」展についてお話させていただきたいです。

以前は、美術館ゲーム森美術館のビデオアートについて書きました。やはり美術館は、デートでも一人の時間にでもとても向いている場所で様々な刺激や癒しを与えてくれます。

続きを読む

フロハンでのんびり食事

2003年から早稲田にあるFrom Hand to Mouth (フロム・ハンド・トゥ・マウス)、省略してフロハンでは、学生たち・先生方・常連さんらがのんびりと食事を楽しんでいます。私も、昔早稲田に住んでいた時によく通っていました。

オーナ兼シェフ今泉さんは、15年間もフロハンを経営しています。お姉さんと二人で始めたこの店は、「大事な友達をもてなす」というコンセプトからスタートして、赤ちゃんでも食べれる優しい味のご飯を提供しています。自分で食べるものを自分で作る、添加物を使わないアプローチ。

続きを読む

森美術館のビデオアート

六本木にある森美術館は、有名な場所でしょう。ここでその美術館内のそれほど知られていないかもしれないMAM Screenという空間を紹介させていただきたいです。

森美術館での展覧会は、巨大なもので、毎回違うテーマをアプローチしていきますが、それと同時に関係のないビデオ作品を展示されているスペースも設置されています。今回は、もう8回目で、ニューヨークに住んでいる近藤聡乃のビデオ作品3点とスライドショーとして展示されている漫画の作品を見ることが出来ます。

続きを読む

新宿御苑でのんびりタイム

200円の入園料さえ払えるのならば、誰でも包んで吸い込まれてしまう公園。東京都でのお住まいの方、観光客、さまざまな言語が出来る人たち、車椅子やベビーカーに乗っているお客さん、ヨーガのグループ、一人で読書を目指している人、家族やカップルたち。朝9時から皆さんが並んで、散歩、観光、運動、それぞれの目的でゲートを通して入ろうとしています。

新宿御苑がとても広くて、何回入っても飽きない公園です。季節の移ることに伴って、さまざまな顔を見せてくれます。心が疲れた時、ちょっと緑に囲まれたい時、外のお天気を楽しめたい時に、私が遊びに行く場所です。そして、入るたびに新しい発見があり、まだ見ていなかった建物や花など、座り心地のよいベンチにも出会えます。

続きを読む

神田川沿い散歩の見所

江戸川橋駅の1a番の出口を出たら、隅田川とコンクリート柱の上に流れている高速道路が見えます。橋を渡って、公立トイレの横を左にまがりますと、神田川沿いの散歩ルートが始まります。その辺に多くのベンチが置かれていて、さらに5分ぐらい歩くと、子供が遊んで走り回れる場所もあります。

続きを読む

西東詩集でのんびりコーヒー

今回は、とても特別な場所を紹介させていただきたいと思います。コーヒーデートも豆の購入も出来る、どこか映画の中で見たような懐かしい空間-早稲田駅と高田馬場駅の間ぐらいにある自家焙煎珈琲の西東詩集。壁にお客さんから預かった絵が飾ってあり、マスターにりんごなどを渡したらりんごケーキを作ってくれるという、不思議なお店です。

続きを読む

お台場デート

9月の末にMr. Nakayoshiと二人でお台場に行って来ました。その日は、たまたま車で出かける用事があって、帰り道にMr. Nakayoshiが「どう?あなたが好きなお台場によってみない?」と誘ってくれた。「いいね」ボタンを押した私がぼんやりと車の外で見える新宿などの風景を眺めていた。旦那が優しい人だという自慢しているのではないのだけれとも、嬉しくてたまらなかった。

続きを読む